豪華本「伊萬里」 ( 陶芸 )

最近、伊万里に関する豪華な図録を格安で入手しました

↓がその図録なんですが、今から43年前の1975年に栗田美術館が一般公開された折に、1000部限定で出版された、「伊萬里」です。

立派な箱に入った536頁もある豪華本で、箱から出すと↓のような表紙になっています。

中を開くと、以下のような結構キツい序文が書いてあります

で、最後のページにこの本の出版当時の値段が載っています

正直なところ、この値段は当時の大卒初任給とさほど変らないような・・・

(幸いにして数千円で買えましたが)

こんな立派な図録にウチのと同じ品が載っているはずがないと思っていたんですが、なんと107頁にウチの「初期赤絵五寸皿」と同手が掲載されておりました。

↓はウチの品です

この品にいついても、昔は初期柿右衛門と呼ばれていたこともあり、栗田氏はかなり厳しい意見を書いています。

栗田美術館にはいつの日か行ってみたいものですが、この時代にこのような豪華な図録を作った栗田館長には頭が下がるように思います。