いくつになってもある「年齢の波」を乗りこなそう - 和がまま紫苑の人生「思うがまま」

素敵な詩をブログで発信してくれている

はなさん。

「母はふるさとの風」

「ときどき年齢の波に飲み込まれそうになるけど〜〜」

とのコメントをいただきました。

「年齢の波」っていいですね。

さすが詩人だわ。

飲み込まれてアップアップ。

どうにか泳ぎ切ってきたなあ。

5年前。襟周りうまくできずファーでごまかしていました。

このときすでに60歳以上。

でもね、

年齢の波に飲み込まれそうになるって

いくつになってもある。

わが娘なんか、30歳になったばかりで、

「〜〜わあ、どうしよう」なんて言っている。

娘ヘアをカット。

私ら昭和世代はかなり「年齢」というものに

振り回されてきた。

25歳はお肌の曲がり角

25歳過ぎると、売れ残りのクリスマスケーキ。

30歳以上の大人は信用するな。

40歳はもうおばさん、

などなど。

ああ、もう売れ残りだ

信用できない30歳になってしまった

とかね。

ブログ始めてからも結構いわれたね。

「いい年をして銀座でジャンプですか」

「若作り!!」とか(笑)

人の価値観って子供のころに親や先生から

植え付けられてできるものだけど、

その価値観を

ずっと持ち続けていると、

もうそれが合わなくなっても捨てられず

自分を苦しめることっていっぱいある。

若くなければダメだ、とか

若いほうが勝ち、価値があるとか〜〜。

それに縛られて動けなくなったら、

そんなモノ捨てたほうがいいよね。

「きもの新陳代謝

葛飾北斎は70代でこのダイナミックな

年齢の波描いた。

北斎は人生50年という時代に90歳まで、

現役で生きた。

好きなことをやり続けたからと言われています。

代表作を描いたのは70代から。

北斎は天才だけど、

私たちだって、一人ひとり、

それぞれが「天才」=天から才能もらっているよね。

傑作を残さなくても、道半ばで終わっても

それはそれでOKじゃない?

あの年ですごいなと思うのもいいけど、

いますぐにでも自分がそうなればいいよね。

それぞれの年の「年齢の波」

うまく乗り切る工夫、

方法を考えるのって楽しい〜〜。

このポジティブさ!

いつ身に付けた〜?

そういえば、私、この頃自分の年齢

すっかり忘れている〜〜。

いくつだったけ。

というわけで、

年齢まで忘れた紫苑でした。

いつも応援ポチ

ありがとうございます。

にほんブログ村 にほんブログ村