米国のQualcomm、台湾に研究拠点2カ所設立。 - 世界メディア・ニュースとモバイル・マネー

アジア経済ニュースNNA ASIAは2018年09月28日に、台湾の経済日報(經濟日報)は2018年09月27日に、米半導体大手のQualcommは2018年09月26日に、台湾子会社の台湾高通(台灣高通股?有限公司/Qualcomm Taiwan Corporation/クアルコム台湾)が、「マルチメディア研究開発センター(Multimedia R&D Center)」と「モバイルAIイノベーションセンター(Mobile Artificial Intelligence Innovation Center)」を設立すると発表した。2019年初旬の運用開始を目指すと伝えたと報告した。

https://time-az.com/main/detail/66002

「マルチメディア研究開発センター」では、3Dセンサー(3D sensor)やポイントクラウドデータ(Point cloud data)の圧縮などといった3D顔認識センサー(3D face recognition sensor)、VR(Virtual Reality/仮想現実)、AR(Augmented Reality/拡張現実)への応用可能な技術を開発する。また台湾企業と提携し、スマートフォンや自動車向けモノのインターネット(IoT)を対象とするマルチメディア関連のソリューションも手掛ける。

「モバイルAIイノーションセンター」では、台湾の中小企業によるOEM(Original Equipment Manufacturer/相手先ブランドによる生産)やデザイン・仕様の決定権が受託側にあるODM(Original Equipment Manufacturer/委託生産)の製品デザイン能力や開発ノウハウを享受し、共同でスマホやIoTなどの末端製品へのAI応用に関する研究を進める。

また、Forbes JAPANは2018年09月24日に、Qualcomm行政処分により中断していた財団法人「工業技術研究院(Industrial Technology Research Institute)」との5Gモバイル技術開発プロジェクトを再開する。

Qualcommは、2018年08月23日に発表した声明の中で、「Center for Operations, Manufacturing Engineering and Testing in Taiwan」という名称の製造拠点を建設することも明らかにしている。

時事通信は2018年09月30日に、Qualcommは台湾の新工場建設にUS$9億7,500万を投資すると報告した。

まだ、何も決まっていないようだ。

2018-08-24---米国のQualcommは、台湾に運営製造センター設立。