戯言

俺の父親が 船乗りだった頃

俺は万年筆だった

解るかな〜 解んね〜だろうな〜

父さん父さん

僕の肩を叩いて下さい

解るかな〜 解んね〜だろうな〜

先生 其処は違います

御相手の女子学生が言った

解るかな〜 解んね〜だろうな〜

糸巻き巻き 糸巻き巻き

引いて引いてトントントン

新しいパンツと帽子を持って

彼女の処に行きましょう

解るかな〜 解んね〜だろうな〜