仕舞「鞍馬天狗」注意点メモ

・最初からハンミで座ること

地謡の「武りゃくの誉れ?」 聴ききらず動き出さないと間に合わない

・「武りゃくの〜」で左手パーに開く。

 開きながら手首を返さない(マジシャンみたくなる)

 手首ではなく、腕全体を使って動かす

 下からすくい上げるのではなく上から前へ。

・「源平藤橘?四家にも取り分き?」4足はあまり前に出ない(中央より後ろより)

 3足目右足を開いて左足前のハンミ〜サシ分け>カザシでシテ柱へ

 ここまでをすばやくこなすこと(でないと次が間に合わない)

・「かの家の水上は」で左足カケふり返りつつ右足開いて左足前のハンミ

 少しワキ座方向へ

・「清和天皇の〜」で胸指>ヒラキ(ワキ座に向かい)

 胸指の時の扇は少しゆずってもよい(肘が変につっぱらないように)

・「後胤として」正面にヒラキ(二重ヒラキ)?

 先の「清和天皇の」のヒラキの際扇の端が次のヒラキの位置にくるように

・「あらあら時節と」で少し前へ?

 左手、今度は下から上へすくい上げ手のひらを真上に。指先が頭より上にくる

・「勘へ来るに」までに指折り4回を「トン・トン・トトン」の拍子で

・「驕れる平家を」で舞台中心へ進み出る?

(勢いを出すためにも前の「勘へ来たるに」で前へ出すぎない)

 前に進んだ勢いを使って飛びカエリ。

 回転するというより

 1.右足をずいと出し

 2.上に集める感じで

 3.左足を軸に正面に向き直る

 そしてグッと左足出しハンミとりつつ「煙波」で下居。

・「そう波の浮雲に」で合膝(左足前)扇は横〜上〜前

 その膝がつくかつかないかですばやく立ち上がりつつ

 逆足(右足前の)ハンミで合膝?

・「自在を受けて」で立ちあがり左足カケシテ柱へ?

・「敵を平らげ」 ワキ座に向いていたところから左足カケ

 右手は左方にかけるように振りあげ回りつつ>右手を(刀に見立て)シテ柱に向かって振り下す

 (右足前のハンミ)

・「會稽を」でワキ座に向かって胸指 足は左・右と下がる

・「雪がん」から勇健一回、二回目「御身と守る」でワキ座へ向かう?

 天狗らしく勇健の腕は大きく動かす(チマチマすると「スズメの羽ばたき」になる)

・「これまでなりや」でヒラキ、の右足下がったところで下居、両手をつき

 「お暇申して」で上体かがめ暇乞いのしぐさ

・「立ち帰れば」で左足カケシテ柱の前(常座)へ戻っていく?

・「牛若袂に」で牛若に左の袂を引かれた体でぐっと踏みとどまる

・「縋り給へば」で引かれた左(の袂)を袖見しつつふり返る

…までが今日進んだところ。

あとは(たぶん)小さく回り?へ戻ってサシコミ・ヒラキ>

足拍子(六拍子)>

スミ取>左(ワキ柱)でカザシ

>正中(舞台中心)でああじゃこうじゃ、足拍子やって

(中略)下居、おわり!

「あとちょっと〜」って

…まだまだ色々残ってますがな!(苦笑)

とりあえず大体の動きをここにメモ出来たんで、この記事よっっく読んで

まず!立往生せんよにしょ。

天狗につきものの団扇を左手で表現してるんだけど、ともかく指先は最後に!

肩甲骨から動きがスタートするのを意識して。

指先〜手首が先に動きとくにゃくにゃして見えるみたい。

それからどんな所作でもさいごの最後、動きが止まる寸前まで動作をためて

ぶわっ!と動くのを心がけるべし。

「火山の中にたまりにたまったマグマが一気に噴火するイメージ」なんですって。

(画像クリックで「The 能 .com」、鞍馬天狗のあらすじのページへ)