「デニス・テンは抗日義兵長の子孫だった」 ( アジア情勢 )

 「テン」という朝鮮人は存在するのか。中文ウィキでは「丹尼斯・丁」で、「丁」は「정」、つまり「ちょん」だった。

https://zh.wikipedia.org/wiki/丹尼斯·丁

 中文ウィキなのに「高麗人」と書いてあって驚く。「朝鮮人」ですよね。

 デニス・テン羽生結弦の進路妨害をした過去がある。抗日義兵長の血が騒いだのかも。

 この「抗日義兵長」とは、ミン・グンホ(閔肯鎬)のこと。「閔」と「丁」では漢字が違う。

 デニス・テンは閔肯鎬の玄孫(孫娘の孫)だそうなので、孫娘が「丁」姓だったのであろう。

 なおウィキ「閔肯鎬」では、「江原道地域で募兵して義兵を起こし、関東一帯で多数の日本兵を射殺した」。(関東とは「江原道地域全体」を指す)

「1908年2月28日、雉岳山で日本兵の不意の襲撃を受けて逮捕される。翌日2月29日、部下の義兵らが救出作戦を起こし、奪還されることを恐れた日本軍により射殺された」。

韓国ウィキでは、「1908年2月29日、日本軍の奇襲作戦に巻き込まれて殉国した」。