脳筋

また脳筋教師かよ……

>都教委は(1)気温を測っていなかった(2)生徒の体調を確認しなかった−−ことなどを理由に2人の行為が体罰に当たると認定

とあるが、そもそも

・目標タイムを切れない→罰としてランニング

・約450メートル×43周=約19.35km

という時点で体罰どころか拷問とさえ言える。

それに加え、

・炎天下

・伴走をサボった

・体調管理を怠った

という罪を重ねている。

懲戒処分という見出しに期待したら、たったの停職1ヶ月で肩透かしを食らったよ。

被害生徒は回復したとは言え、ちょっと間違えば死んでたんだし、

こんなの懲戒免職モノだろ。

そもそもバスケの練習でタイム計測って、ドリブルしながら走るとかだろ。

それが遅いのなら、遅い理由をきちんと見て、それに見合った練習をするのが筋。

安易に罰に走る時点で指導者として不適格である。

先日の大津のテニス部顧問もそうだが、脳筋はなんでもすぐに罰を与える。

しかも、馬鹿の一つ覚えのようにランニングや筋トレなどを、

体の限界を考えずに気分でやらせるのだ。

そういう脳筋は、指導する立場においてはならない。

参考までに、ここ最近暑い日が続いているため、

冷房のないところで活動していると体内に熱がこもりがちだ。

この熱を確実に下げることが、体調管理のキモ。

そのために有効なのが、水風呂だ。

水風呂というと戦闘のサウナ併設の水風呂を思い浮かべる人が多いだろうが、

サウナで熱くなった体を早く冷ますためなので、16〜20℃あたりの設定が多いだろう。

だが、体調管理が目的なら28℃程度でもゆっくり浸かれば十分に効果がある。

一方、熱中症のうち深部体温が高くなりすぎた熱射病なら

氷水などかなり冷たい水に浸かって急速に体温を下げる必要がある。

首、脇、そけい部を冷やせば十分ではないのだ。

炎天下で43周 教諭2人懲戒処分